除毛という選択肢

賢く選択したい

この画面は、簡易表示です

自分で除毛は難しいです!

夏は少々憂鬱な季節。なぜかというと、女性の場合、ムダ毛処理というものの必要性が出てくるからです。
どうして女子だけ?ともう何十回女子に生まれたことを悔やんだかわかりません。
それぐらい、私はムダ毛処理が苦手です。
私は見た目からはそう見られませんが、かなり毛深い体質。髪の毛は猫毛なのに、ワキなんて、とてもしっかりしたものです。
なので、毎年毎年、夏の季節になると憂鬱でした。
夏だけムダ毛処理するわけではないですが、夏は失敗するとすぐわかるので、大変なのです。
私の毎年の失敗は、抜くときに、毛根から完全に抜けきらずに途中で、しかも皮膚の中で切れてしまうこと。
これをすると、次に生えてきたときに、皮膚の中に毛が埋まってしまい、抜くときに、皮膚を少しめくる感じで毛を引き出すことになり、結果、そこから炎症を起こしてしまうのです。
炎症を起こした肌は赤くなり、ヒリヒリします。それでも目立たなければいいのですが、埋まっているときは黒くブツブツに見えてしまうので、こうならないようにするのが大変なのです。
自分で処理をしている方はそうそう!と思われる方もいらっしゃると思います。エステに行けば簡単なのですが…。
今年の夏は、どうかこのブツブツが出来ませんように。

ムダ毛処理を毛抜きでする場合

毛抜きをした後に、とても気になるのが、毛を抜いた所が赤くなったり、酷いときは小さな穴があくような感じで跡が目立ってしまったり、抜いた部分が隆起してしまったりすることです。

これだと、せっかくムダ毛処理をしてフラッシュ脱毛のひげをより綺麗にしようと思ったのに、本末転倒ですし、何より、肌はとても敏感ですので、このようなことを繰り返すと黒ずんだ跡までがずっと残ってしまうようになったりして、毛抜きの場合のムダ毛処理は沢山の課題があり、大変困り者です。

しかし、毛抜きでムダ毛処理をすると、カミソリで処理するよりも、だいぶ長い間ムダ毛が生えてこないですし、カミソリと違って肌全体をいためるわけではなく、あくまで生えている毛の部分だけといういい所もあります。

私がVIO脱毛の沖縄でムダ毛処理をするときに気をつけているのは、毛流れに合わせてゆっくりと優しく抜くことや、抜く前を抜いた後のお肌ケアを入念にしたりすることです。これらをすることにより、かなり毛穴へのダメージが緩和されるように思いました。

私のムダ毛の処理の方法について

私のムダ毛の処理の方法は、カミソリです。
顔脱毛の名古屋で今販売されているムダ毛処理のカミソリは刃が4枚で
安全ガードがついています。

カミソリのヘッドが衝撃を吸収するようにできているため、
皮膚の凹凸で、角度が変わり切れることはありません。

昔は毛抜きを使用していたこともありましたが、今はカミソリが主流です。
足も綺麗に剃ることができるので大満足です。
カミソリの進化はすごいなと感じています。

私は成長が早かったので、小学4年生のころからうっすら脇毛が生えていました。
脇のムダ毛処理は、ワキ脱毛の札幌のカミソリでしていましたが、安全カミソリではなかったので
良く肌を切ってしまいました。

脇は汗をかくとしみるので本当に大変でした。
私の娘も成長が早く、少し脇に毛が生えています。
本人が望むなら、ちゃんとした剃刀を購入して

怪我がないようにしてあげたいなと思っています。
ムダ毛は女性の永遠のテーマだと思いますので、子供にはなんでも
相談してもらえる親でいたいと思います。

ムダ毛はムダに処理しない。

初めてVIO脱毛の名古屋を知ったのは小学校6年生でした。
今思えば、そのときに除去したムダ毛なんてあってないような量だったと思いますが、
いつも仲がいい友達と話していたら
「この間かみそりで毛を剃ったの!」
なんて、自慢でもなんでもないたわいもない話でしたが、
なぜか私は「すごい!」と感動をし、「除毛かあ。」と
ムダ毛を少し意識し始めた自分が少し大人になったような気がしました。

それから2、3日が過ぎ、私はふとお風呂場においてある6つ上の姉のかみそりに手を伸ばしました。
そして、つるつるであったろう腕にスーっと刃を滑らせ、
ひっくり返してみて見ると、うっすらと毛が…。「…たのしい!!!」
それがすべての始まりでした。
その時その快感をしらずに、肌をいためることなく、逆剃りをすることなく
適正に処理をできていたら…なんてことをたまに思います。

それからというもの、カミソリに収まらず、ピンセット、アンダーヘアの脱毛のワックス、除毛液に至るまで、
様々な方法でムダ毛を処理しました。
ある時は人差し指と親指の関節が固まって痛くなるまで抜き続き、
またある時は試験前の勉強を数時間放置して脇毛を抜き続けました。
掃除によく似た爽快感。
幼いながらに感じたものが、今も尾を引きずっています。

あの時、娯楽として始めてしまった除毛…
自分が親になったらきちんと教えてあげようと心に誓っております。
ムダ毛はムダに処理しない。

無駄毛が気になるお年頃?

女性がデリケートゾーン 脱毛器による無駄毛処理を気にし始めるのは一体いくつからなんでしょう。
私は中学生のときでした。
バスケットボール部に入っていたのでユニフォームはランニングタイプのものを着なければいけないので少なくとも脇の無駄毛の処理は絶対しなければいけませんでした。しかしそのほかの部分にはまだそんなに関心がありませんでした。

ところがある体育の日、校庭に半そでハーフパンツの体操服で体育座りで座っているときのことでした。
隣のクラスの子が私の足を見て「うわ~全然毛そってないの~」と言ってきました。
そうだと答えるとからかうように他の子たちにその話をしはじめました。
当時なかなかの衝撃をうけました。

自分で言うのもなんですが私はそんなに毛が濃いほうではなくぱっと見ほとんどわからないくらいでした。
なのにちょっと産毛が生えてるだけなのにそれを剃らないとこんなにもばかにされるのかとショックでした。
それからその頃髭脱毛の札幌が流行っていてやはり私は無頓着なので一切いじっていませんでしたがそれについても眉毛がつながっているとからかわれました。
中学生って残酷だなと思いました。
なので普通はどれくらいの年から無駄毛の処理を始めるのかなと思い気になりました。





top